« 子ども手当ては単なるばらまきだ | トップページ | 日航上場廃止で株主の教訓 »

2010年1月11日 (月)

成人の日で20歳未満の者は酒をどうするのか

今日は成人の日。どこの町でも市長や来賓が「今日からどうぞ大人の自覚をもって~」と祝辞を述べ、「成人」たちは式後に、中学などの同窓同士で居酒屋などでの宴会へ向かうのが、一般的だ。

成人式は学校の学年単位で行うので、成人式を迎えても2月や3月生まれの人は、まだ19歳だ。では居酒屋で飲酒してもよいか、という問題が残る。しかし成人式後にビールで乾杯する19歳に、異を唱える大人は少ないだろう。つまり現行法で飲酒は満20歳なのだが、社会の慣習は法律に優先するということなのだ。

その意味では、高校を卒業して就職したり大学生になれば、歓迎会で大人としてビールで乾杯したり、自宅で飲酒することは普通に行われている。社会は一般的に容認しているのだ。それをたとえばスポーツ界で、高卒のルーキーが優勝祝賀会でビールを飲んでいたからと、揚げ足を取る人間がいる。

こうした中途半端なことがないよう、早く少年法を改正して、18歳から選挙権を与えるべきであるし、また酒については、高校3年生の18歳では飲酒しないよう、18歳でも高校卒業後の4/1からでないとできない、といった学年単位のルールにするなど、社会の実態に合せて整備していく必要がある。

■18歳成人でも飲酒は高校卒業にそろえるべきだ(2009.7.31) http://opinion-dmori.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/18-5321.html

■Opinion-DMORIのバックナンバー一覧は http://www.geocities.jp/opinion_dmori/

|

« 子ども手当ては単なるばらまきだ | トップページ | 日航上場廃止で株主の教訓 »

社会・時事」カテゴリの記事

コメント

成人の日は元の日に戻る年はない祝日です。
海の日・敬老の日・体育の日は元の日に戻る年はあります。
前年4月1日~3月31日に20歳になる人は新成人です。
誕生日を迎えていない新成人は酒を飲んではいけないことになっています。
法律によって決められています。

投稿: 虎吉 | 2017年11月30日 (木) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成人の日で20歳未満の者は酒をどうするのか:

« 子ども手当ては単なるばらまきだ | トップページ | 日航上場廃止で株主の教訓 »