« 箱根駅伝、繰上げスタートの時間差は柔軟に(2) | トップページ | 平田容疑者の自首を門前払いの警視庁、緊張感の欠如だ »

2012年1月 3日 (火)

箱根駅伝の繰り上げスタート、ルールに欠陥あり

2012年の箱根駅伝・第88回大会は、東洋大が2位の駒澤大に9分差をつけ、往路・復路ともに大会記録を打ち立てる、圧勝に終わった。昨年、早稲田大にわずか21秒差で2位に終わった悔しさをバネに、選手たちの1年間の努力が結実したといえる。

新・山の神といわれている柏原君に頼ることなく、全員の力で優勝を勝ち取ろうという、選手たちの自覚が、随所に見られた。たとえば3年連続で山下り6区の市川君は、昨年までのひょろひょろした頼りない走りが、長いストライドを力強く生かす走りに変わっていた。年に一度しかテレビで見ていない私にしても、よく分かる。また、顔も精悍な表情に成長していた。これも努力した結果だろう。人間の努力は、顔に表れるものだ。

往復10区のうち、区間賞を東洋大が6人も取って、しかもブレーキになる失敗が1人も出なかったのだから、他のチームがかなうはずがなかった。これだけ全員が実力を向上させた、監督の指導力と、選手たちの努力に敬意を表したい。やはり箱根駅伝は、新しい年のスタートを迎えるうえで、日本人の心にフィットするスポーツイベントだ。

ただし、繰り上げスタートのルールは見直すべきだ。昨日書いたように、東洋大が往路でも強すぎたために、8位以下の13チームが復路で10分後の一斉スタートになってしまった。10位以内のシード権を取れるのかどうか、上位チーム以外は経過がさっぱり分からない。中継所ごとの通過時点で、テレビ局は瞬時に総合タイムを出していたが、中継所ごとでないとシード権状況が分からないのでは、興味が半減だ。

走っている選手たちにすれば、もっと困る。隣を走っている選手に負けたら、シード圏内に入れない、ということがお互いに分かっていてこそ、死力を尽くしてがんばることができる。目標が見えないのでは、どこまでがんばればよいのか、分からないのだ。

また、今日の復路でも東洋大が強すぎたため、芦ノ湖を10分遅れで一斉スタートしても、みるみる差が大きくなり、最終10区でなく、9区への戸塚中継所へ20分以内に到着できず、白タスキで繰り上げスタートさせられるチームが3つ発生してしまった。

これらのチームは、白タスキで走っていても、次の最終10区への鶴見中継所でトップから20分遅れなら、またまた繰り上げスタートさせられることになる。つまり与えられた遅れの幅がまったくないということだ。この区間を、実力が高いトップの選手よりも早く走るなど、下位チームの選手にはかなりむずかしい。

このルールでは、下位チームをいじめているとしか思えない。戸塚でトップから20分遅れで繰り上げスタートにしたのなら、次の鶴見では25分遅れの場合に繰り上げスタートにするなど、5分程度の幅を与えてやらないと、下位チームに気の毒だ。

今回の東洋大のように、強すぎるトップからも機械的に10分だの20分で繰り上げスタートとするのでなく、標準的な大会記録をベースに、繰り上げスタートとなる時間を決めるべきだ。繰り上げスタートに間に合わず、泣き崩れる選手たちを、悲劇的にテレビで見せて、正月のショーにする趣向なら、健全なスポーツとは言えない。

箱根駅伝は、もともと日本が戦争への道を歩み始めた大正時代の末期に、大和魂の気迫を学生に教えることを目的として、始まったといわれる。その趣旨にもとづけば、繰り上げスタートを厳しく運用することが正しい、という考え方をする人もいるかも知れない。

しかし気合いを大事にしながらも、今の時代に受け入れられる、合理的な改善も並行して行ってもらいたい。

■ルールに欠陥あり(2) 2014.1.3記 http://opinion-dmori.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/2-99f2.html

■Opinion-DMORIのバックナンバー一覧は http://www.geocities.jp/opinion_dmori/

|

« 箱根駅伝、繰上げスタートの時間差は柔軟に(2) | トップページ | 平田容疑者の自首を門前払いの警視庁、緊張感の欠如だ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして☆ですよねー。
とりあえず復路は15分差からの
繰り上げにしてくれれば・・・と思いました。

投稿: あみ | 2012年1月 5日 (木) 20時01分

地元に住んでる住民の身も考えて…
第一京浜や国道1号、かなりの幹線道路を通行止めにしている。
車だけじゃなく、京急なんて昔と違って電車を止めてくれてる。TV映りのための繰上げじゃない。

投稿: | 2012年1月 6日 (金) 00時10分

繰り上げスタートは必要無いルールだと思います

投稿: | 2015年1月 5日 (月) 16時07分

復路スタートを5分早めて一斉スタートを8時10分(トップから15分後)、各区の繰り上げを25分にすればと思う。これなら繰り上げの絶対的な時間は変わらず、見た目と実際の差異も減るのでは (DMORI追記・賛成です。往路の時間差によって、いろいろ対応すべきですよね)

投稿: | 2018年10月17日 (水) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根駅伝、繰上げスタートの時間差は柔軟に(2) | トップページ | 平田容疑者の自首を門前払いの警視庁、緊張感の欠如だ »