« 「女性委員は話が長い」程度の失言で辞任の必要はない | トップページ | 川渕氏の五輪会長を棒に振ってしまった »

2021年2月12日 (金)

「女性でも手軽に」のCMは女性蔑視か

「女性が多い会議は時間がかかる」程度の発言で、女性蔑視だと騒ぐ者たちがいるので、何が女性蔑視なのかのガイドラインを整備していくのがよいだろう。

たとえば商品のCMで、「女性でも取扱いやすいです」や「女性でもラクに運べます」といった表現があるが、これは女性の力のなさを前提にしているから、女性蔑視ではないのか、という意見はあるだろう。

この場合、CMに登場している女性が「私でもラクに取り扱えます」とコメントするなら、個人の出演者自身の感想を言ったものという形式になり、それを見た視聴者が「女でも取扱いはやりやすそうだ」と感じてもらえればよいわけだ。それでも文句をつける者のために、小さな字幕で「個人の感想です」などと表示しておけばよい。

つまらぬ言葉狩りで男女共生がぎくしゃくしないために、こうしたガイドラインを社会全体で整備していくべきだ。

|

« 「女性委員は話が長い」程度の失言で辞任の必要はない | トップページ | 川渕氏の五輪会長を棒に振ってしまった »

社会・時事」カテゴリの記事