日記・コラム・つぶやき

2010年9月16日 (木)

敬老の日には贈り物より訪問や電話を

今年の敬老の日は9/20。昔は9/15に固定だったが、月曜までの3連休を増やそうという趣旨で、敬老の日も9月第3週の土日月になった。田舎の実家に住んでいる老親に、孫を連れて泊りがけで戻るには、こうした3連休制度はいいことだ。

しかしある調査結果を報道したNHKテレビによると、老人が敬老の日にもらいたいものは、「電話」「訪問」が1・2位だったのに対して、若い世代が敬老の日に贈りたいものは、「おいしい食べ物」が1位だった。ここにギャップがある。

今の老人たちは、比較的お金には困っていないので、品物をもらうよりも、子どもや孫が電話をかけてきたり、訪ねてきてくれたりすることが嬉しいのだ。私の近所にも老人だけの世帯が多いが、息子の家族が泊りがけで訪ねてきている光景を見ることは少ない。

盆や正月でないと、帰郷はむずかしいような遠距離にいる場合はやむを得ないが、首都圏近郊程度の距離なら、もっと訪ねてきてもよいのではないかと思う。インターネットでスカイプなどを使えば、孫の顔を見せながら長い時間会話しても、コストは気にならない。ただ、この場合は、老人がパソコンを使いこなすのがむずかしいというのが、ネックだ。家電テレビのように、電源スイッチを押して、チャンネルを合わせれば息子宅と接続できるようなパソコンができれば、売れるのではないかと思うのだが。

ちなみに私の家は3世代住宅で老親は同居しており、女房の老親も近所に住んでいるので、そうしたコミュニケーションが豊かなのは、ありがたい。

■Opinion-DMORIのバックナンバー一覧はhttp://www.geocities.jp/opinion_dmori/

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

目障りなアナログ放送終了表示は黒紙でふさごう

テレビ画面の下部の字幕が目障りだ。アナログ放送が終了するとか、アンテナ工事が込み合うと間に合わなくなるなどと、いろいろな表示がある。番組の内容とは無関係な字幕を出すのは、ニュース速報など緊急性のあるものに限るべきだ。

私の家では、ケーブルテレビで契約しているので、2015年までは地デジチューナーなしでも、アナログテレビで引き続き視聴できる。1台だけは地デジ対応テレビを購入したが、他の6台のテレビはアナログ式であり、2011年の7月を過ぎても、そのまま使い続ける予定だ。

つまり私の家では、6台のアナログテレビを含めて、地デジ化への対応は済んでいるわけだから、画面下の「アンテナ工事を急いでください」の表示は、無用なのだ。それなのにこういう目障りな表示を出すのでは、デジタルテレビに買い替えさせようという、家電業者の営業を、総務省やテレビ局が支援していることにもなる。

そこでテレビ画面の下帯の部分を、黒い紙で隠してみた。うっとうしい字幕がないと、ずいぶん気分が違う。ときおりフル画面の放送に変わることもあるが、そのために見づらいということはない。お勧めできる方法だ。

このブログでたびたび述べているが、地デジ化のために、まだまだ使用できるアナログテレビが、全国でいったい何万台ムダに棄てられることになるのか。使えるものをゴミにするなどは、CO2削減の政策と矛盾している。

■Opinion-DMORIのバックナンバー一覧はhttp://www.geocities.jp/opinion_dmori/

| | コメント (0)

2010年4月18日 (日)

「~のほう」のあいまい言葉を減らそう

「おつりのほう、500円でございます」、「社長のほうから、ごあいさつ申しあげます」など、「~のほう」というあいまいな言葉を使う人が多くなっている。これは断定を避けてボカした表現にし、自分の責任を明確にしたくない心理から、こうしたあいまい言葉を使ってしまうのだ。

おつりのほうが500円でなく、おつりが500円なのだ。500円で間違いありませんと、責任を持って発言してもらいたい。社長のほうがあいさつするのでなく、社長があいさつするのだ。どうして「弊社の社長からごあいさつ申しあげます」と、はっきり言えないのだろうか。

こうした「~のほう」は、詐欺言葉だ。訪問販売で消火器を売りつけるいい加減な業者が、よく「消防署のほうから参りました」を切り出しに使う。消防署の職員ではないのだから、「消防署から参りました」と言ってしまうと、ウソをついたことになる。

それが「消防署のほうから参りました」と言えば、消防署のある方角から来たことを言っているので、ウソをついたことにはならない。それでいて消費者には、なんとなく消防署の関係者であるイメージを与えることができる、だから詐欺言葉なのだ。

テレビ番組の中でも、平気でこうした「~のほう」を使うタレントが多くて、いい加減さにあきれてしまう。本人は知らずに、そうした言葉の文化に浸ってしまっているのだろう。ものごとを意識的にあいまいに表現したいとき、明確に表現すべきときなど、しっかり意識して使い分けてもらいたいものだ。

■Opinion-DMORIのバックナンバー一覧は http://www.geocities.jp/opinion_dmori/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

本日からココログへ移動しました。

ニフティさんのココログが使いやすいということで、本日からこちらへ移動させていただきました。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)